援交サイトの調査前に簡単に援助交際について解説します

最近では「援助交際」という言葉はもはやあって当たり前のものとなっていますが、これは立派な「売春」という犯罪行為です。

売春というのは元々は、男性が女性をお金で自由にできるという娼婦、赤線の時代のものから来ています。
赤線というのはかつて公式に売春行為を認められていた地域のことで、この地域では売春はあくまでも「職業」であり、生きていく上で生活を支える為のものでした。

こうでもしないと生きてはいけない為、家族を養う為の仕事という重い一面を持っています。
しかし今の援助交際は赤線までの時代のそれとは違い、単にちょっと欲しいものがあるから、程度のお遊び感覚でしかなく、さしたる罪悪感もなく行為に及ぶ女性が増えています。

現在ではその赤線などという場所はなく、売春という行為自体も法律で規制され、犯罪とされています。
最近よく聞く「援助交際」というものはその赤線や売春の言い方を変えただけで、同じく女性がお金で自分の身体を男性に売るという行為に変わりはなく、言い方を援助交際とすることでまるで「私たちはいやらしいことをしていない」かのように感じさせてはいますが、やっていることは同じですので、結局はいやらしいことをしていることに違いはありません。

女子高生 援助交際!! 実録現場!!

誰が何を言おうが結局は自分の身体なのだから自分の勝手、という雰囲気で簡単に見知らぬ男性に自分の身体を売ってしまいます。
法律で規制されている犯罪行為であるとはっきりと自覚はあるはずですが、そうした彼女たちの考えが変わらない以上は、今の援助交際のはびこる世の中は改善されていかないでしょうね。

それでは援助交際とはどのような関係なのでしょうか?

援助交際において、基本的にほとんどの女性はお金で「買われた」人たちです。
あくまでも買われた以上は一時的に相手の「所有物」とも言えるわけになります。
ですから買った男性に対してはよほど酷い事を要求されない限りは従う義務があります。

援助交際に乗ってきた男としてはやはり普段できない体験をしているのですから多少変わったことを要求する人も少なくないでしょう。
しかし先ほども言ったとおり、人権を酷く蹂躙されるような、あるいは明らかに怪我をするような行為でない限りは従うべきです。

誰がどう言おうと「抱かせてあげる」なんて考えは思い上がりであり、言ってしまえば「自分の一時的な所有権を販売した」わけですから、その援助交際の主導権はやはり買った男性側にあるのです。
お金欲しさに相手に抱かれて、その間ただひたすらに嫌な顔をし続けるなんて女性も少なくはないかも知れません。

それで男性側からの不満がなければ問題はありませんが、そこを怒られた場合はやはり女性に負があると考えるべきでしょう。
男性からしてみれば「お金を払ったんだ」という考えがまず頭にあるのですし、女性側としてもこうなることを覚悟して援助交際に乗ったのですから。
とは言え、援助交際をするような女性はこんな話に耳を傾けてもくれないのでしょうね。

お金のやり取りがあるから危険な行為となり得るのです

援助交際の誘い方、誘われ方には実に様々な方法がありますが、その実態は結局のところは、援助交際をしたい人間がお金を差し出し身体というサービスを提供してもらう、というものが大体です。
その援助交際の主導権は基本的にお金を支払う側にあるものですが、中にはサービスを提唱する会社組織が存在したり、あるいは女性一人が最初から最後までを一人で担っている場合もあります。

また誘い文句も「OO円やるから1回やらせろ」というものから「前金OO円にてサービスいたします」というものまで色んなパターンに分かれます。
もちろんいかに援助交際といえども、お金を出したのだから何をしても良い、というわけでもありません。
女性一人でやっている、と思っていたら暴力団の関係者であった、などという話もよく聞きます。
ですから強要しすぎると手酷い目に合う場合も確かにあることを覚えておくべきでしょう。

またそれは女性にも言えることであり、相手がどんな人間かも解らないのですから、高飛車な態度をとっていると力ずくでとんでもない地獄を見せられることも有り得ます。
あくまでも相手はお金を支払っている「対等な相手」ですので、こちらも大人の対応をとることが必須です。

暗黙のルールをしっかり理解しているのが援助交際の最低限のルールであり、その暗黙のルールさえも解らないのであれば、決して援助交際に手を出すべきではありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ